間食ダイエットについて

間食ダイエットとの出会い

わたしの長年の悩みは

食事制限をしてダイエットをしてもすぐにリバウンドしてしまう

食べることが大好き!食欲が止まらない

ということです。

今まで食事のカロリーを抑えたり、白米などの炭水化物を少なめにしたりしてダイエットしてきました。

そうすると、1ヶ月で2キロくらいは痩せてくれるんですがその後がなかなか体重が減らない。

そして油断してお菓子やご飯を食べるとあっという間に体重が戻ってしまう・・・

この負のサイクルに陥り、体重が思うように減りませんでした。

以前は身長160cmの体重は55キロありました。50キロまでは頑張れば落とせていたのですが、そこからなかなか40キロ台に突入することは難しく。。

リバウンドを繰り返してきたところに出会ったのが「間食ダイエット」でした。

ダイエット中には間食をした方が良いという意見も多く見られ、実際にミスユニバース・ジャパンの栄養指導をしている細川モモさんもモデルたちに積極的に間食をするよう指導しているんだそう!

最近ではNHKのあさイチでも特集されていました。

間食して痩せられるなんて・・・最高ですよね。

間食だからと言って、おにぎりやおやつを好きなだけ食べて良いわけではありません!

わたしは間食ダイエットのおかげで今では体重49キロ台をリバウンドすることもなく維持しています。

2015年からノートに体重をメモしていたのをグラフで管理するようにしました。

こうやってグラフにしてみるとリバウンドしたときに危機感を抱けるのと痩せていくのが楽しくなるのでおすすめです。。

目標体重までもうちょっと!

前みたいに食べることを我慢するのもやめました。

わたしのように食事量を減らして我慢しているのになぜか体重が減らない!という方は間違ったダイエットをしているせいかも!?

このブログでは間食ダイエットについてやおすすめの間食、おやつや日常など紹介していきたいと思います(*^^)

よかったら見ていってください~

まずは「間食ダイエット」おすすめの理由とその方法をテレビやネットの情報を交えてご紹介します♪

 

間食ダイエットおすすめの理由は3つ

 

 

①朝昼晩の食事で不足している栄養素を摂ることができる

日本人や女性に不足しがちなのはビタミン・マグネシウム・カルシウム・鉄分・亜鉛など普段の食生活で十分に補充することができなかったものを考えて間食で食べれば良いんです。

朝ご飯にカルシウム入ってそうなのなかったな~と思ったらヨーグルトを間食にする。

栄養素はサプリでも補うことはできますが、わたしは味気ないのと喉に詰まる感じが嫌いなのでサプリは飲みません。。

 

②間食で血糖値の上昇を防ぐ

食べるのを我慢して空腹の時間が長くしてしまうと食後の血糖値が急激に上昇。

血糖値の急激な上昇をするとインスリンが大量分泌され血糖値を下げようと頑張ってくれます。

しかし、インスリンには糖を脂肪に変えて蓄える働きがあるため体の脂肪を増やしてしまいます。

空腹を我慢しても良いことなんてなかったんです。。。

朝ご飯抜いたり食べる量を減らしても痩せないのは、血糖値の乱高下により体が脂肪を蓄えているせいかも。

 

③空腹時の筋肉の分解を防ぐ

人は空腹になり血糖値が下がると筋肉を分解して、なくなった分のエネルギーを補おうとしているそう。

筋肉が減れば基礎代謝も減るので1日の消費カロリーも少なくなってしまいます。

なるべく空腹になることを避け、筋肉を減らさないように間食することが必要です。

 

間食ダイエットの方法

空腹を感じたら食べるだけ!な簡単な方法に見えますが意外とコツがあります。

注意しなければならないのは間食分のカロリーを1日200カロリーまでに抑えること。

3食はきちんと食べます。

またあさイチ情報によれば1日の内で最も脂肪が付きにくいのは午前10時30分ごろなので、朝ご飯を食べた後お腹が減ったらこの時間に狙って食べるのも良いですね。

また栄養素には効率的に摂れる時間があるらしく

★午前★

【DHA・EPA】

マグロ・イワシ・サバ・さんまなどの魚に多く含まれています。
効率よく摂るには生で食べるのが一番ですが缶詰も骨ごとカルシウムも食べられます。
間食にはおさかなソーセージなど腹もちも良いのでおすすめ。

【リコピン】

赤色色素のことでトマトやスイカ、ピンクグレープフルーツなどに含まれています。
病気の予防や美肌効果・アンチエイジングなど嬉しい作用がいっぱい。
間食にトマトを食べればお肌も綺麗になって一石二鳥です。

【ビタミンE】

ひまわり油やマーガリン、アーモンド、ヘーゼルナッツ、南瓜など。
ビタミンCと一緒に摂ると効果的。どちらも含んでいる赤ピーマンもおすすめ。
間食で食べるなら咬み応えのあるアーモンドが少量でも満腹感もありおすすめです!

【食物繊維】

キャベツやレタス、ゴボウなどたくさんの野菜に含まれています。
間食として食べるときには生も良いですが、
スープにしてたくさん野菜を入れればお腹も膨れて栄養も摂れます。

【たんぱく質】

たんぱく質は肉、魚、大豆、卵、乳製品などさまざまな食材に含まれています。
間食としておすすめなのはゆで卵、ヨーグルト、豆腐です。
特に豆腐は安いくて腹もちがよく、女性に嬉しいイソフラボンも豊富です。

★午後★

【マグネシウム】

かぼちゃの種、アーモンド、くるみ、あおさや煮干しなどに含まれています。
マグネシウムはカルシウムと協力して体の作用を担っているためバランス良く摂ることが大事です。
カルシウムの方を多めに摂るとバランスが良いみたいです。

【カルシウム】

乳製品、煮干し、干しエビなどに含まれており、身体の歯や骨を形成してくれます。
間食にはチーズがおすすめ。カルシウム不足のときはビタミンDを一緒に摂ることで吸収を促してくれます。
ビタミンDは1日20~30分ほど日光を浴びることで体内で形成されます。

朝食に魚を食べる和食は栄養学の点から見てもばっちりなんですね!

朝から魚を焼く時間はないですがたまには作ってみたいですね。

このように、時間によって効率よく摂取できる栄養素があるみたいですが、わたしは時間にこだわるよりも好きな時に好きなものを食べたい笑

また時間栄養素には体内時計をきっちりしておく必要もあるので生活が不規則な方にはあまり効果的ではないかも?

この時間はこれ!と決めるよりは頭の片隅に置いておこうかなーくらいの気持ちでいる方がストレスなくダイエット出来ると思います。

ダイエットに無理・我慢は禁物です!最初はうまくいっても、そのあと絶対行き詰ります。

ストレスフリーなダイエット目指して目標まで一緒にがんばりましょう♪

長くなってしまいましたが最後までお付き合いありがとうございます!

それでは~